不妊治療で出来ること

 子宮内膜を整える

精子と卵子がタイミングよく出会って受精しても、うまく着床できなかったり、着床しても育たないことがあります。 このような場合、「腎」の働きが低下した「腎虚(じんきょ)」や、「血」のめぐりが悪くなっている「お血(おけつ)」になっていると考えます。このような状態を改善すると、子宮内に充分な血液と栄養がめぐるため、子宮内膜は適度な厚さと温かさ、柔らかさを保ち、受精卵をやさしく受け止め成長させていくことができます。

 卵子の質を上げる

女性の卵巣機能は「腎」によってコントロールされていますが、この「腎」の働きが低下している時は、やはり妊娠しにくい状態に。このような場合は、鍼治療で「腎」をサポートする「補腎(ほじん)」を行うことで、卵巣機能を高めることができます。 その結果、「腎年齢」=卵巣年齢を実年齢よりも若く維持することができるので、よりコンディションのいい卵子が排卵されるようになります。

 ホルモンバランスを整える

不妊に悩む女性には、女性の卵巣機能やホルモンバランスをつかさどる「腎」に何らかの問題があるケースが多いようです。 鍼治療ではこの「腎」の働きを高め、乱れていた月経周期や、月経期、卵胞期、排卵期、高温期(黄体期)、それぞれに起こるホルモン分泌が順調になるように整えていきます。そうすることで、自然に妊娠しやすい体に導いていきます。

 東洋医学の不妊治療

体に無理な負担をかけずに 全身のバランスを改善しながら、なるべく自然な形で妊娠できます。
西洋医学の不妊治療と併用する場合、副作用の軽減や治療効果の向上に役立ちます。