長浜市 Yさん(36歳)

院長先生、節子先生、スタッフの皆様お元気ですか?

私は、長かったつわりも越え、赤ちゃんの誕生がとうとう来月になりました。

力強くお腹で動いている赤ちゃんを感じるたびに、この私がやっとお母さんになるのか・・・と信じられない気持ちになります。結婚して3年経っても赤ちゃんができず、卵さえできない状態で、これから薬や注射で排卵させていくしか方法が見当たらなかったとき、新聞に載っていたナオエ先生についての記事を思い出しました。実は1年ほど前からナオエ先生のことは記事で知っていたのですが、失礼ながらも半信半疑だったのです。でも薬や注射を使ったり造影剤での検査が待っているかと思うと怖くなり、思い切って旦那さんに「一度行ってみたいんやけど」と相談したところ「行ってみたら?」と快く答えてくれたので頑張って行ってみようと決心がついたのです。初めて伺って数値を計っていただいた時、「これでは、赤ちゃん出来ないのは当たり前!」といわれて内心ほっとしました。やっぱり原因があったんだなぁ~と思いました。

下半身の冷えもひどいと言われ、その年の夏は一度もスカートをはかず、体を温めることに徹底しました。クーラーもほとんど使わず、冬は先生に教えていただいた電気座布団を仕事中に使いました。毎週通うたびに数値が良くなり、いつの間にか辛かった生理痛がなくなっている事に気づいたときは、ああ体が良くなっているなぁ~と感じました。節子先生とファッションや京都や大阪のお店の話をいろいろしたり、スタッフの方とのおしゃべりがとても楽しくて、治療に通ってるんだけど毎週そちらに行くのが楽しみでした。毎回行くたびに励ましていただいたので、通院をはじめて8ヶ月間赤ちゃんが出来ない辛さから解放され、前向きに治療できたんだと思っています。赤ちゃんの出来ないことを悩んでいるのを知っているお互いの親はもちろん、友人、親戚、そして近所の人までもが私たち夫婦以上に今回の赤ちゃんができたことを大喜びしてくれ、赤ちゃんの誕生を今かと待ちわびてくれていることに本当に幸せを感じています。本当に本当にありがとうございました。もしまだそちらに通ってなかったら、いまだに私たちの元へ赤ちゃんは来てくれていなかったと思います。出産は初めてのことでとても不安ですが、自分たちの愛する赤ちゃんに会えるのだから頑張りますね。また産まれた赤ちゃんと共にそちらにお伺いしたいと思っています。